持ち物リスト 解説

かっこつけて全て完璧に揃えてからなどと考えるのはやめましょう
家に有るものの代用で充分です
ただし テント と ランタン は必須です

テント

おすすめテントと写真

1万円くらいの物で充分  2.7m x 2.7m が快適

年1回程度なら 4千円前後の 2m x 2mでもよい 
( 2m x 2m 狭いようだが大人2人 + 小学生低学年2人はなんとか寝れる  )
どちらもキャプテンスタッグ ロゴス 小川テント等がお勧め 
あまり聞いた事のないメーカーの物は粗雑な作りで 使い捨てになりかねない

大きいサイズほど壊れやすい 特に海や標高の高い山や湖では強風でだめになる
高い物を買ってもポール(支柱の棒)がすぐ壊れて まるごと買い直しになります
(交換用ポールは売っていない場合が多い)
2室連結構造などは絶対に止めましょう 構造は単純シンプルがベスト
本格的なテントが欲しい方はSNOW PEAKやダンロップ、 モンベルがお勧め 耐久性に優れ風に強い
更に耐久性が高いのは云うまでもなく 登山用テントです  

コールマンはBCドームはおすすめで良いが それ以上の大きすぎる物はポールが曲がる確率が高まります
2.7m x 2.7m がベスト 広さも大きく居住性も良い

(初心者の方が大型やタープ連結式のコールマンテントを買い 設営ミス等でポールを曲げてしまい初めてのキャンプでテントを壊してしまったのを数回見ました)

ポールだけのバラ売りは お店では売ってない 取り寄せも困難

初めて買ったテント
キャンプ場に来る前に 1度は河川敷やリビングルーム(8畳以上なら)などで広げて
設営練習してください これを省き練習せずにキャンプ場に来ると不器用な人ですと2時間も3時間もかかり
夫婦又はカップルけんかの元になります

貸しテント
レンタルはGWや夏用の間に合わせ程度と思ったほうが良い
コテージバンガローに泊まる方が簡単

タープ
日よけ 雨よけ の幕のこと 有るに越した事は無いですが 必須ではない 
特に1泊だけならば テントだけで充分 設営時間がテント タープ 2つで2倍なので
それだけで疲れ果てしまう 撤収時もへろへろ
2泊以上や年に何度も行く場合はあると便利 2家族以上なら共通で1つ建てるのが楽しい
テントと同じくらいのサイズの4本柱タイプが快適 2本柱タイプ(ヘキサ)は倒れやすい

ぺグとロープ予備
ペグはプラスチックよりアルミがよい いずれもすぐ折れたり曲がるので予備は必要
ロープも切れたり 結びすぎてだんごにして使えなくなったりするので予備が必要

グランドシート
テントの下に敷くと冷気や雨が遮断でき快適 晴れなら必須ではない 
ホームセンターで売っている青や緑のブルーシートで充分
ダンボール代用でもいい

ロールマット 
テント内部に敷くもの コタツ敷き代用が意外と快適
長期滞在向けにはインナーマット 膨らまし式キャンプ用ベッドマットなども売っている

寝袋
初めは毛布 夏ふとん 代用で充分
足りない場合や面倒なら貸し寝袋をレンタル予約すればよい

ランタン
ホワイトガソリン式 
有名なコールマンのホワイトガソリンランタン
元々米軍用の為 非常時は車のガソリンでも使えてしまう
しかしメンテナンスや不具合の調整が難しく
( といっても説明書どおりに根気良く対処すれば良いだけだが )
メカ好きの方向け だが明るさは凄いので何とか慣れましょう
根気が全て わからなければベテランそうなキャンパ−(2、 3個使い分けてる)をみつけて
聞いてみましょう 燃料とマントル(光源の石綿)の予備は必須 計画停電に威力発揮

ガス式
専用ガスカートリッジのもの コールマン スノーピーク は普及しているので
替えガスが田舎のホームセンターなどどこでも売っている
替えガスは2つくらい常時 予備として持っていったほうが良い

家庭用カセットガスでも使えるガスランタンもある
簡単な構造で使いやすく
ガスがコンビニやスーパーで買え 料理はカセットコンロ
にすれば燃料が共通となり かなり便利 

燃料とマントル(光源の石綿)の予備は必須

ツ−バーナー
コールマンのホワイトガソリンツーバーナー 
ランタンと同じ燃料なので便利 料理好きの方には最適
ポンピングをマスターしましょう
意外と家庭用カセットコンロ代用が便利


クーラーボックス
景品で貰うようなビニール製でも間に合う
プラスティック製がよい コールマンが優れている 
冷却材を中にいれて使用 
1泊ならキャンプ場に早めに着き 近くのスーパーで買えば
クーラーボックス(車で場所をとるので)は持っていかなくて済む

衣類
ジャケットかフリースは夏でも必要
都市部より1、 2ヶ月前の服装を想定するといい 
雨の予報の時はカッパ 長靴か 最低でも傘は必要

食料等
時間が有れば前日 か来る途中のスーパーで買い出しするか
早めに着いてキャンプ場近くのスーパーに行けばよい


初めての場合
何を買って何を省くかですが
テント と  ランタン だけは自分用に買え揃えましょう 災害時兼用になります
他は家にあるもの代用で充分です
バイクキャンプの方の持ち物も参考になります いかに省いてコンパクトな物を
厳選しているかがわかります バイクに積める物でキャンプはできる証明です
元々キャンプは登山や行軍して泊まる事でしたから
軽自動車で充分キャンプできます

たまに行く程度ならコテージ バンガロー 泊も簡単でいいでしょう
6月〜9月ならば極端に云えば手ぶらで泊まれます 
人数が多ければ貸し寝袋をレンタル予約すればよい

どこで買うか
登山用具店 スポーツ用品店 ホームセンター などが
あるが価格が高かったり 希望の品物が品切れの場合が多い

 

Izu Shizenmura Camp Field
HOME

伊豆自然村キャンプフィールド